Menu

多様な働き方

コロナを追い風に進化する教育。不確実な時代を生き抜くために必要な学びとは

キャリア

2020年11月26日 転載元:Meet Recruit

コロナを追い風に進化する教育。不確実な時代を生き抜くために必要な学びとは

オンライン授業や9月入学の是非など、様々な議論が展開された2020年の教育業界。次世代の教育を模索する業界のキープレイヤーに、変化の波を乗りこなす方法を訊く。

3月に全国の小中高校が一斉休校になったことをはじめ、教育現場が大きく混乱した中、以前から新たな方法を模索してきた人たちは今をどう捉えているのだろうか。今回は、校長として着任した高校で海外有名大学に多数の合格者を出すなど、その手腕が注目を集めている日野田直彦さんと、『スタディサプリ』の生みの親であるリクルート山口文洋の対談を実施した。

現在、武蔵野大学中学校・高等学校と武蔵野大学附属千代田高等学院の2校で校長を務める日野田さんは、新しい教育へのチャレンジとして4月からオンライン授業を組み込んだ学校運営をスタート。リクルートの山口が責任者を務める『スタディサプリ』もコロナ禍でより多くの学校への導入が進んでいる。しかし、学校は教師・生徒・保護者などステークホルダーの多い環境。変化を前向きに進めていくためには、どのようなマインド・行動を大切にしているのだろうか。

対談前半では二人が思い描く教育の未来がテーマとなり、後半では、広くビジネスパーソンにも通じる変化・進化の起こし方を訊いた。

新たな教育を模索していた者にとって、コロナはむしろ追い風に

,