Menu

障がい者

【後編】パラリンピックを目指す社員の想いが生んだ支援制度 リクルート村上慶太・榎本智幸

リクルートグループの取り組み

2019年07月01日 転載元:Meet Recruit

【後編】パラリンピックを目指す社員の想いが生んだ支援制度 リクルート村上慶太・榎本智幸

社員の熱意ある要望を仕組みに落とし込み、「個の尊重」をしながらも社会に貢献していく。関わる全ての人々にプラスとなるイノベーションを起こすには、どのような考え方が必要なのだろうか。

ダイバーシティ──多様性が組織の発展に必要と叫ばれている現代。個人を尊重し、様々なライフスタイルに合った働き方を選べるようシステムを柔軟に変化させることが社員の力を引き出し、企業の成長を持続させるためには欠かせない。

,