Menu

40代後半~60代前半の働く価値観調査

40代後半~60代前半の働く価値観調査

今や人生100年時代。40代・50代・60代…と年齢を重ねてもいろんな可能性を模索できる時代へと変わりつつあります。加えて、新型コロナウィルスの世界的流行は、既存の働き方や価値観に疑問を投げかけました。かつてない変化の真っただ中で、私たちは人生100年をどう生きていくと良いのでしょうか。そこで、十人十色の働き方を提案してきたiction!(イクション)では、40代後半~60代前半の「ミドル・シニア層」約47,000名に調査を実施。「40代後半の自分にはもう今の仕事や会社にしがみつくしかないんじゃないか」「元気なうちは働き続けたいけれど、60代になったときに自分を必要としてくれる場所はあるのか」…といった不安の原因にも光をあてながら、ミドル・シニアがいくつになっても自分らしく人生を選択できる社会の実現に向けて、ヒントを探っていきます。

リクルートグループの取り組みを

カテゴリーから探す