全国2つの小学校でキャリア教育のオンライン授業を実施

リクルートでは、社会貢献活動「タウンワークお仕事ブック」キャリア教育プログラムを2014年から継続的に実施しています。本プログラムでは、求人広告事業で培った知見をもとに、授業を通じて小学生に自分のキャリアについて将来にわたり考え続けるきっかけを提供しています。

新型コロナウイルスに見舞われた2020年。小学校の休校に始まり、夏休みの短縮など、通常授業の実施もままならない中ではありましたが、先生方や保護者の方にご理解いただき、2020年度も無事にキャリア教育授業を行うことができました。授業は市川市立福栄小学校(千葉県)、岡山市立岡山中央小学校(岡山県)の2校で実施。計190名の児童に対して、リクルートジョブズの従業員が自身のキャリアの話を交えつつ、「働く」楽しさ、大変さ、やりがいを伝えました。児童は授業で学んだことを活かし、一人ひとりが興味のある仕事についての取材を実施。各自の取材原稿をまとめ、小学生編集版「タウンワーク」を作り上げました。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、初の試みとなるオンラインで授業を実施。手探りでの実施となりましたが、さまざまな工夫を施しながら、児童たちとのコミュニケーションを図りました。

「やりがいは仕事によって違うし、人によっても違う!世の中にあるたくさんの仕事に興味が湧きました!」

2回の授業と取材を通して、児童たちはそれぞれの興味や視点で仕事について考えました。

2回の授業と取材を通して、児童たちはそれぞれの興味や視点で仕事について考えました。オンライン授業でも、多くの気づきや学びを提供できたようです。

■受講児童からいただいた感想:
「授業や取材を通して、いつも見るお仕事の大変なところ、やりがいがあるところがわかりました。世の中にはたくさん仕事が存在していて、今も新しい仕事が増えているという話にとても興味をもちました」
「ひと言で「やりがい」と言っても、職業ごとに違ったり、同じ職業でも人によって違ったりするということがわかりました」

「この先行きが見えない状況で、あえて将来の話をしていただけたことに感謝しています」

学校の先生方からは、コロナ禍で子どもを思う気持ちとリモート授業への期待を感じました。

学校の先生方からは、コロナ禍で子どもを思う気持ちとリモート授業への期待を感じました。

■担任の先生からいただいたコメント:
「先行き不透明なこの状況下で、子どもたちに将来の話をしていただけたということに大きな意味を感じています。仕事を集め、人に届けるサービスをしているリクルートジョブズの方にオンライン授業をしてもらえたことはとてもよかったと思います」
「コロナウイルスの影響を受け、初めての学内オンライン授業でした。子どもたちも興味を示しており、よい体験になったと思います。オリジナルのタウンワークを手に子どもたちは満足気でした」

「子どもたちに仕事の意義を届けられ、自分自身が内省するよい機会にもなりました。」

オリジナルのタウンワークを手に子どもたちは満足気でした

児童たちとのコミュニケーションを通して、自分たちやメディアの役割を見つめ直した従業員講師たち。自身の仕事が社会に提供する価値を改めて考える機会となりました。

■従業員講師の声:
「コロナという前代未聞の状況下、オンラインという新たな形式で授業を実施し、児童たちに自身の体験も交えてキャリアについて話すことができたことは、よい経験となりました」
「児童たちの発表を通じて多く出てきた言葉が、仕事の「やりがい」に関すること。仕事の「やりがい」は人によってさまざまだけれど、誰しも「やりがい」を持って働いているということに気がつけた、という声をもらえたことは嬉しかったですね。自分自身も、将来について内省する機会となりました」